FC2ブログ
いつまでも新人気分の作家・木崎ちあきのブログです。
【プロフィール&お仕事について】
2020年02月15日 (土) | 編集 |
2018/12/27更新

※執筆のご依頼はkisakichiaki@gmail.comまでお願い申し上げます。
※個人的なご連絡にはご返信致しておりません。何卒ご了承くださいませ。
※読者さまからの作品のご感想などは文庫巻末の宛先にお送りいただけますと幸いです。簡単なものではありますが、御礼のお葉書をお送りしておりますので、返信ご不要な方はその旨お知らせくださいませ。


― お仕事履歴 ―
【文庫】
●『マネートラップ 三流詐欺師と謎の御曹司』(イラスト・一色箱様/メディアワークス文庫)2018/11/24
●『博多豚骨ラーメンズ』①~⑧巻、『博多豚骨ラーメンズ Extra Games』(イラスト・一色箱様/メディアワークス文庫)
※月刊『Gファンタジー』にてコミカライズ連載中
『博多豚骨ラーメンズ』全②巻(作画・秋野キサラ様)
『博多豚骨ラーメンズ 第二幕』全②巻(作画・長岡千秋様)
●『ノラネコシティ』(イラスト・鈴木次郎様/ビーズログ文庫アリス) 2016/11/15
※pixiv mint!にてweb連載
●『デュラララ!!×博多豚骨ラーメンズ』(監修・成田良吾様、イラスト・一色箱様/電撃文庫) 2016/10/08
●『武神男子 ~二郎くんの無問題な厄日~』(イラスト・猫野まりこ様/ビーズログ文庫アリス) 2015/05/15
●『狩兎町ハロウィンナイト 陽気な吸血鬼と機械仕掛けの怪物』(イラスト・かる様/ビーズログ文庫) 2014/02/15

【雑誌】
●『博多豚骨ラーメンズ』短編「フィルダース・グッド・チョイス」(電撃文庫MAGAZINE vol.58)
●電撃文庫リザレクションシリーズ『デュラララ!!×博多豚骨ラーメンズ』後編(電撃文庫MAGAZINE vol.51)
●電撃文庫リザレクションシリーズ『デュラララ!!×博多豚骨ラーメンズ』前編(電撃文庫MAGAZINE vol.50)
●『博多豚骨ラーメンズ』短編「アウトローにナックルを」 (電撃文庫MAGAZINE vol.45) 2015/08/10
●コラボ企画『七人の時雨沢恵一』 (電撃文庫MAGAZINE Vol.43) 2015/04/10
●『博多豚骨ラーメンズ』特別短編 「真冬のダブルスチール」 (電撃文庫MAGAZINE Vol.39) 2014/08/09


― プロフィール ―
木崎 ちあき/Kisaki Chiaki
・福岡県出身、在住
・大学卒業後、フリーター、ニート、契約社員を経て、『第15回えんため大賞ガールズノベルズ部門 〈特別賞〉』『第20回電撃小説大賞〈大賞〉』を受賞し、2014年にデビュー。
・好きな食べ物 : 明太子、チーズ、馬刺し
・趣味 : プロ野球観戦、ドラマ鑑賞、筋トレ、ダンス
・好きなもの : 猫、筋肉、バディ作品、ラブコメ
・好きな筋肉 : 三角筋、外腹斜筋、胸筋
・マイブーム: 料理
・持っている資格 : 乗馬ライセンス4級

twitter@kisakichiaki
※twitterにて頂戴したリプライはすべて嬉しく拝読しておりますが、お知り合いの方等にのみお返事しております。何卒ご了承くださいませ。
いろいろいただきました!
2019年02月07日 (木) | 編集 |
今年は定期的にブログを書くことが目標なので、サボらず頑張って更新していきたいと思います!

といいつつ、ブログのタイトルが思いつかず、なんかめっちゃアバウトな感じで申し訳ないのですが、
先日、出版社宛にいただいたファンレター等が我が家に届きました。
年賀状やお手紙、さらにはバレンタインのチョコレートなど、
読者さまからのたくさんの愛をいただきまして、とてもハッピーになりました!
こんなところで恐縮ですが、御礼申し上げます。ありがとうございました!
キャラクター宛にもプレゼントをいただきました!林もきっと喜んでいると思います。
(プレゼントはもちろんものすごく嬉しいのですが、お手紙だけでも十分嬉しいですので、
どうか無理なさらないでくださいね!)

あたたかいお言葉の数々、とても励みになっております。
新刊『マネートラップ』の感想もありがとうございます!楽しんでいただけたようでほっとしました。
『博多豚骨ラーメンズ』の舞台を楽しみにされている、というお声もいただきましたが、
ほんとそれですよね。私めもめちゃくちゃ楽しみにしております。
東京は遠くて観に行けない、という方もいらっしゃるかと思いますが、
皆さまのお声こそがコンテンツを育てる大きな力となりますので、
あの手この手で応援してしていただけますと嬉しいです。何卒よろしくお願いいたします!


そんなこんなで、2019年も12分の1が過ぎ、いつの間にやら2月になってしまいましたが、
そういえば5年前の2月にデビューしたんだったなぁ、と感慨深い気分になっております。
この5年間で成長したことといえば、心がタフになったことと、体脂肪率が8パーセント落ちたことくらいで、
もっと小説が上手になれたらいいのになー、と毎日悶々としてしまいます。
作家になるより、作家であり続けることの方が大変だという話を、デビュー前にいろんな方から聞きましたが、
まさにその難しさを痛感した5年間でもありました。
今後も壁にぶち当たってばかりだろうと思いますが、読者さまからいただいたお言葉を思い出して頑張っていきますので、
引き続き応援のほど、よろしくお願い申し上げます!
【祝】『博多豚骨ラーメンズ』舞台化!&第2幕コミックス2巻発売!
2018年12月27日 (木) | 編集 |
告知が遅くなってしまい申し訳ありません!
皆様ご存知の通り、この度『博多豚骨ラーメンズ』の舞台化が決定いたしました!!




舞台公式Twitterのフォローもお願いします!

とてつもなく楽しみです。
現実世界で動き回るキャラクターが見られるなんて、もう本当に楽しみですね。
楽しみすぎて「楽しみ」以外の言葉が浮かびません。楽しみ。
ぜひぜひ今後の情報公開もお楽しみに!






そして、本日『博多豚骨ラーメンズ 第2幕』のコミックス2巻が発売となりました!!
引き続き、長岡千秋先生が作画を担当してくださっています。
カバーもかっこいい!!
ポケモンとそのトレーナーみたいな猿渡と新田の関係性が伝わってきますね!(笑)
(書きたいことが多すぎで長くなってしまった木崎のコメントも載っております)(あれでも削ったんです)

「Gファンタジー」さんでの長い連載が終わりまして、コミックス完結巻が発売となり、
これにてコミカライズも終幕となりました。
毎月楽しみにしていた連載が終わってしまい、とても寂しい気持ちもありますが、
原作2巻の内容をとても素敵なコミカライズにしてくださった長岡先生には感謝の気持ちでいっぱいです!
長岡先生、本当にありがとうございました!!連載お疲れさまでした!
野球シーンやキャラクターのユニフォーム姿、山笠など、
個人的なお気に入り要素もいっぱいで、とても幸せなコミカライズでした!何度も読み返したいです!


キャラクターの夏服が見られるのもコミカライズだけ!
漫画でしか味わえない楽しさが詰まっていますので、原作既読の方にも読んでいただきたいです!
皆様ぜひぜひゲットしてくださいね!何卒よろしくお願いいたします!!
【お知らせ】『マネートラップ 三流詐欺師と謎の御曹司』発売中です!
2018年11月24日 (土) | 編集 |

新作『マネートラップ 三流詐欺師と謎の御曹司』が無事に発売日を迎えました!



イラストは『博多豚骨ラーメンズ』に引き続き、一色箱先生が担当してくださっています。
全5話からなる連作短編です。
シリーズものでない新刊というと『ノラネコシティ』以来ですので、およそ二年ぶりになります。久しぶりの新シリーズということでとても緊張しておりますが、少しでも楽しんでいただけますと幸いです!

今回は『舞台は福岡で』『バディもの』『野球はなし』というオーダーがありまして、チームのお話である『博多豚骨ラーメンズ』シリーズに比べると、よりバディ感が強い作品になっているかと思います。拝金主義な三流詐欺師のミチルと韓国財閥の御曹司ムヨンの掛け合いをぜひお楽しみください。
書いていてとても新鮮で、楽しいキャラクターだったな、と個人的に思っております。
野球要素はありませんが、代わりに野球小ネタをたくさん仕込んでしまいました。メインキャラクターの「キム・ムヨン」という名前に、野球好きの方はぴんとくるかもしれません(笑)


売り上げが芳しくないと続きが書けない厳しい世界ではありますが、新しいシリーズが少しでも多くの方に読んでいただけますと既存の作品にも恩恵がありますので、「博多豚骨ラーメンズ以外には興味がない」という方でも、ぜひとも新シリーズのほうも合わせて応援していただけますと嬉しいです。
どちらのシリーズも何卒よろしくお願いいたします!
広州CICF サイン会
2018年10月12日 (金) | 編集 |

しばらく風邪で寝込んでいたのでご報告が遅くなってしまいましたが、今度は広州に行ってまいりました!
まさか今年三回も海外に行くとは!



上海に引き続き、CICF(China International Comics Festivalだったかな……?) という大きなイベントが開かれるとのことで、
たいへん有り難いことに天聞角川さまに再び中国に呼んでいただきました!
上海でのサイン会を終えたときに「また行きたい~!」と願っておりましたが、
まさかこんなに早く願いが叶うとは思っておらず、とても嬉しかったです。

中国は大きな国ですが、イベントの規模も大きくて、毎度毎度驚いてしまいます。
アニメや漫画、ゲームなどにまつわる企業ブースが広い会場にずらりと並んでいて、
CICFもとても賑やかなイベントでした。

サイン会は午前と午後のダブルヘッダーで、
毎回「そんなたくさん人来てくれるとかいな……」と不安に思うのですが、
さすが中国、人口が違いますね。たくさんの方が来てくださって、ほっとしました。



プレゼントもいただきました!ありがとうございます!

手紙もたくさんいただき、大事に読ませていただきました。
あたたかく優しい言葉ばかりで、心が癒されました。
中にはまだ翻訳されていないExtra Gamesを読んでくださった方もいらっしゃるようで、
「『フィルダース・グッド・チョイス』を読んで人生の励みになった」という旨のお言葉をいただき、感激しました。
書いてよかったな~、とめちゃくちゃ嬉しくなりました。



日本では過去2回(福岡&電撃の祭典)でサイン会をさせていただきましたが、だいたい8割以上は女性なのに対して、
中国では男女比率にそこまで差がない印象です。
男性の読者さまに「林林かわいい」「林林最高」と言ってくださる方が多々いらっしゃったり、
中には女装のコスプレをしている方もいらっしゃったり(しかもかなり巨乳でした)して、
女装文化は万国共通だなぁ~などとしみじみ感じでおりました。
ちなみに当然ながら、中国の読者さまには圧倒的に林憲明が人気です(笑)


広州に行くのはもちろん初めてて、さらに外国で飛行機を乗り継ぐのも初めてのことで、
ものすごく緊張しておりましたが、無事にたどり着けてよかったです。
上海もそうでしたが、広州もかなり都会でした。夜景もすごくきれいです。
高層ビル群に慣れていない福岡市民の私にとっては、
近代的な街並みが異世界のように見えて、とても刺激的でした。
食べ物も辛さ控えめでおいしかったです。
上海でアテンドしてくださった天聞角川の方々と再会できたことも嬉しくて、
短い旅ですが幸せな時間をたくさん過ごさせていただきました。
アテンドのスタッフの皆さま、今回もありがとうございました!たいへんお世話になりました!
(いただいたお茶、めちゃくちゃおいしいです!)

いつも同じことを言っておりますが、「また呼んでいただきたい」という気持ちが、
自分のひとつのモチベーションとなっています。
いつか実現できるように頑張ります!


一方、仕事の方はというと、何度か言及しておりましたが、
今年取り組んできた新しい作品をそろそろお披露目できそうです。
久しぶりの新シリーズなので緊張しておりますが、愛嬌のあるキャラクターになったのではないかと思います。
今月末には詳細をお知らせいたしますので、ぜひお楽しみに!
どうぞよろしくお願いいたします!